RBリスクベネフィット近畿支部

24時間・年中無休対応
0120-18-1889

施工事例

トップページ>エリア>【賃貸部屋での特殊清掃】安心して遺品整理できます!

【賃貸部屋での特殊清掃】安心して遺品整理できます!

体液が広がっています
合掌してから作業を開始します
体液を除去し洗浄します
床を剥いで床下を洗浄※解体工事業者登録有り
床下に浸みた体液をコーティングします
臭気が浸みたクロスは剥ぎます
消臭剤を散布し臭気を緩和
オゾンガスを充満させて除菌と消臭を行います
臭いも消えて納品です

兵庫県神戸市から震えるような声でお問い合わせをいただき、緊急出動いたしました。
ご連絡をいただいた方はご家族で、一人で暮らしていたお父様が孤独死され、そちらのお部屋の特殊清掃をご希望でした。

賃貸アパートにお住まいで、遺品の片付けだけでなく、臭いのことで、「部屋を返却するのにどうしたら…」と苦悩されておられ、まずは入室できる状態までの消臭をお約束させていただきました。

故人様は、長い間ご家族とも音信不通だったそうで、「どこに何があるのか一切把握できていない。」とのこと。

お部屋の物量がそれほど多くない為、貴重品の捜索も兼ねて遺品整理はご自分達で時間をかけてなさるということでした。

近年、特にお一人暮らしの男性は年を重ねていくと、社会とのつながりが希薄になり、結果としてひっそりと亡くなる傾向にあります。
また、発見まで時間がかかってしまったケースでは、汚染による臭気く、近隣へもご迷惑をお掛けする場合が多くなっています。

ご要望に応じ、作業内容をご提案し、説明にご納得いただけ、契約書にサインを頂いて作業開始です。

故人様の御冥福を祈り合掌してから入室です。
亡くなった場所は玄関でした。体液が広がっていました。
奥の畳の部屋を確認すると、吐血した跡があり、吐血直後に玄関まで移動し、力尽きてしまったものと推察されました。

体液が玄関までの廊下に浸みた跡があり、床下まで浸透していると判断しました。
床下を洗浄するには何層かに分かれている合板のフローリングを解体する作業が必要となります。
ほとんどの特殊清掃業者が解体に必要な認可を受けずに解体作業を行っているのが現状です。
当社では、解体に必要な【解体工事業者登録】を済ませ知事の認可を受けておりますので消臭対応がしっかり可能なのです。

まず初めに床上の体液を除去します。
体液洗浄専用薬剤であるRB酸水を用いて消毒し、拭き上げ洗浄を行いました。
汚染源となっている床を消毒、洗浄することで、原因菌を死滅させ、臭いの発生源を除去していくのです。

次に床材であるフローリングを剥がしていきます。
予想した通り床下のコンクリートにも体液が浸みており、強烈な臭気を放っていました。
この床下の洗浄を行わない限り、いつまでも臭気が漏れ出し入室できるまでの消臭には至りません。
こちらも洗浄した上、特殊な薬剤でコーティング、臭気を封じることで消臭します。
こちらの特殊コーティングは当社が試行錯誤の末に辿り着いた消臭技術の一つであり、特殊清掃現場で積み重ねてきたノウハウの結晶でもあるのです。

さらに部屋中の壁紙が臭気を吸ってしまっている為、全てのクロスを剥がしていきます。
壁紙を剥がしたことで部屋の臭気レベルが一気に落ち着きました。

仕上げに高濃度のオゾンガスを居室全体に充満させて除菌と消臭を行うオゾンショックトリートメント法を実施し、消臭を進めます。

納品に立ち会って下さったお客様からは臭気を感じなくなったとお喜びの言葉を頂くことが出来、無事納品となりました。

  • 作業: 特殊清掃、完全消臭
  • 人数: 3人
  • 日数: 2日
  • 参考費用: 266,436円(税込)