RB特殊清掃・遺品整理のリスクベネフィット大阪

24時間・年中無休対応
0120-055-285

施工事例

トップページ>エリア>神戸市の賃貸で孤独死の特殊清掃が必要になった。無事部屋の返却は出来るのか?

神戸市の賃貸で孤独死の特殊清掃が必要になった。無事部屋の返却は出来るのか?

体液が広がっています
合掌してから作業を開始します
体液を除去し洗浄します
床を剥いで床下を洗浄※解体工事業者登録有り
床下に浸みた体液をコーティングします
臭気が浸みたクロスは剥ぎます
消臭剤を散布し臭気を緩和
オゾンガスを充満させて除菌と消臭を行います
臭いも消えて納品です

父が孤独死…賃貸アパートなのに部屋が酷い状況に…。

一人暮らしの父が亡くなっているのが発見されたと聞いた時には、「まさか…」という気持ちでいっぱいでした。

駆けつけてみると、臭いがきつく部屋に入るのを躊躇ってしまうほどです。

この臭いをどうにかしてもらわないと…と思い、相談したのがリスクベネフィットさんでした。

結論から申し上げると、リスクベネフィットさんのおかげで部屋は無事に返却できました。

そんな私の体験談を紹介しますので、過去の私のように悩んでいる方の参考になればと思います。

 

見積もり・説明

父は賃貸アパートに住んでいたため、遺品の片付けの心配だけでなく「部屋を返却するのにどうしたら…」とお伝えしたところ、まずは入室できる状態までの消臭いたしますとお約束いただきました。

父とは、長い間音信不通だったため、どこに何があるのか一切把握できていない状態でした。

しかし、幸いにも部屋の物量がそれほど多くないため、貴重品の捜索も兼ねて遺品整理は自分達で時間をかけて対応することにしました。

このような不安や要望をお伝えすると、詳しい作業内容をご提案いただき、納得したうえで契約書にサインをしました。

 

部屋を返却するために必須の消臭作業内容とは?

①現場の確認

父が亡くなった場所は玄関だったようで、体液が広がっていました。

スタッフの方が奥の畳の部屋を確認すると、吐血した跡があったため、吐血直後に玄関まで移動し、力尽きてしまったのではないかということでした。

体液が玄関までの廊下に浸みた跡があったので、それを見た経験豊富なスタッフの方は床下まで浸透していると判断されました。

床下を洗浄するには何層かに分かれている合板のフローリングを解体する作業が必要となるそうですが、ほとんどの特殊清掃業者が解体に必要な認可を受けずに解体作業を行っているのが現状のようです。

 

②床下の体液洗浄・コーティング

しかし、リスクベネフィットさんは床を剥いでから丁寧に洗浄してくださり、安心できました。

解体に必要な【解体工事業者登録】を済ませ、知事の認可を受けているため、しっかり消臭できるのだそうです。

初めに床上の体液を除去するために、体液洗浄専用薬剤であるRB酸水を用いて消毒し、拭き上げ洗浄をしていただきます。

汚染源となっている床を消毒、洗浄することで、原因菌を死滅させ、臭いの発生源を除去できるというのです。

そして、次に床材であるフローリングを剥がしてみると、スタッフの方の予想通り、床下のコンクリートにも体液が浸みており、強烈な臭気を放っていました。

この床下の洗浄を行わない限り、いつまでも臭気が漏れ出し入室できるまでの消臭には至らないそう。

こちらも洗浄し、特殊な薬剤でコーティング、臭気を封じることで消臭してくださいました。

 

③壁紙を剥がしてさらに消臭

さらに、部屋中の壁紙が臭気を吸ってしまっているということで、全てのクロスを剥がしていただきます。

壁紙を剥がしたことで部屋の臭気レベルが一気に落ち着いたことが私にも分かりました。

仕上げに高濃度のオゾンガスを居室全体に充満させて、除菌と消臭を行うオゾンショックトリートメント法を実施していただき、作業は終了となりました。

 

丁寧な作業のおかげで無事に返却できた

納品後にはあれだけ酷かった臭気を感じなくなりました。

しっかり清掃していただいたおかげで、無事に返却でき、とても安心したのを覚えています。

この度は力を尽くしてくださり、本当にありがとうございました。

  • 作業: 特殊清掃、完全消臭
  • 人数: 3人
  • 日数: 2日
  • 参考費用: 266,436円(税込)