RB特殊清掃・遺品整理のリスクベネフィット大阪

24時間・年中無休対応
0120-055-285

施工事例

トップページ>エリア>京都府亀岡市で孤独死発生。死後二週間経った部屋の状況とは?

京都府亀岡市で孤独死発生。死後二週間経った部屋の状況とは?

奥の畳に体液が見られます
畳に浸みています
体液の付着した汚染物は撤去します
畳はラッピングで臭気を封じ込めます
ラッピングした畳
畳の下に浸みた体液を洗浄
簡易清掃を行いました
オゾン燻蒸で除菌と消臭です
作業を終えて納品です

母が孤独死…まさか二週間も経ってから発見されるなんて…

死後二週間ほど経過した状態で母が発見されたと聞いた時は頭が真っ白になりました。

急いで現場に駆けつけ、一度部屋に入ろうとしたのですが、あまりの臭いに吐き気を催し、断念してしまいました。

夏場だったので、遺体の腐敗が進行して臭気が格段に強くなっていたのかもしれません。

自宅は今後空き家にする予定ですが、これでは遺品整理も出来ないと困り果て、口コミやサービスなどをいろいろ調べた結果、リスクベネフィットさんに連絡させていただきました。

 

「悩むなパック」で部屋に入れる状態へ!

遺品整理をしたかったため、まずは入室可能な状態にしてほしいと相談したところ、特殊清掃「悩むなパック」をご提案いただきました。

悩むなパックには、孤独死現場の特殊清掃に最低限必要な作業がまとまっているようです。

内容としては、体液と体液の付着した汚染物の除去、消毒、簡易消臭が含まれており臭気を半減させることで、安全面を確保し、部屋への入室が可能となるそう。

とりあえず、部屋に入れる状態にしていただきたかったため、悩むなパックを依頼することにしました。

 

死後二週間が経過した部屋の状況と作業の内容

本当は私も作業を見守りたかったのですが、あまりに臭気が酷かったため、スタッフの方に事細かく現場の状況を教えていただけるよう、お願いしました。

自宅に入るとやはり強い臭気が部屋の中に充満していたみたいです。

母の遺体は畳の上に寝転がるような形で横たわっていたようで、畳には体液が浸みていたそう。

そもそも畳は体液を吸着するため、フローリングの場合と違って、汚染範囲が広がりにくい傾向にあるのだとその時に教えていただきました。

 

畳を処分

体液を吸着した畳は臭気が漏れないようにラッピングし、廃棄に備えてくださいました。

その際に、臭いの処理だけでなく、汚れてしまった畳が見えないように処分してくださり、近隣の方への小さな配慮がとてもありがたかったです。

 

オゾンショックトリートメント法による消臭作業

そして、部屋に入れる状態にするため、オゾンショックトリートメント法を利用した消臭作業をしていただきました。

オゾンショックトリートメント法とは、室内にオゾンガスを充満させ、臭気とオゾンが反応することで高い消臭効果が得られる消臭法だということを作業前にしっかりと説明してくださいました。

オゾンは空気よりも重い性質があるそうなので、その性質を生かして、やや高い所に脱臭機を設置し、汚染箇所にダイレクトにオゾンがあたるように工夫もされているとのこと。

最後にリスクベネフィットさんが独自開発したオリジナル消臭剤の「ダンボ」を部屋に散布していただき、作業は終了となりました。

 

全く気にならないということではありませんが臭気が半減したことで部屋に入室できるようになりました

リスクベネフィットさんのおかげで遺品整理や物の捜索ができるようになり、感謝の気持ちでいっぱいです。

この度は本当にありがとうございました。

  • 作業: 特殊清掃
  • 人数: 1人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 86,663円(税込)