RBリスクベネフィット近畿支部

24時間・年中無休対応
0120-18-1889

施工事例

トップページ>エリア>死後二週間の孤独死清掃

死後二週間の孤独死清掃

奥の畳に体液が見られます
畳に浸みています
体液の付着した汚染物は撤去します
畳はラッピングで臭気を封じ込めます
ラッピングした畳
畳の下に浸みた体液を洗浄
簡易清掃を行いました
オゾン燻蒸で除菌と消臭です
作業を終えて納品です

死後二週間ほど経過した状態で発見された孤独死です。
夏場にこれだけの期間が経過するとご遺体の腐敗が進行し臭気も格段に強くなります。
お客様も一度入室を試みたそうですが、あまりの臭気に入室を断念したそうです。

ご自宅は今後空き家にするそうですが、これでは遺品整理も出来ないとお困りでした。
まずは入室可能な状態にして欲しいとのご希望ですので、当社の特殊清掃悩むなパックにて対応させて頂きます。

悩むなパックには孤独死現場の特殊清掃に最低限必要な作業を纏めています。
内容としては体液と体液の付着した汚染物の除去、消毒、簡易消臭が含まれており臭気を半減させ安全面を確保した上での入室が可能となります。

作業内容をご説明しご納得頂き作業開始です。入室前に故人様の冥福を祈願し合掌致します。

ご自宅に入ると強い臭気が部屋の中に充満しています。
畳の上に寝転がるような形でご逝去されたようで、畳には体液が浸みています。
フローリングの場合と違い畳は体液を吸着する為、汚染範囲が広がりにくい傾向にあります。

体液を吸着した畳は臭気が漏れないようにラッピングし、廃棄に備えます。

この後はオゾンショックトリートメント法による消臭作業です。
室内にオゾンガスを充満させ、臭気とオゾンが反応することで高い消臭効果が得られます。
オゾンは空気よりも重い性質がありますので、やや高い所に設置し汚染箇所にダイレクトにオゾンがあたるよう工夫しています。

最後に当社オリジナル消臭剤「ダンボ」をお部屋に散布して作業終了です。
臭気が半減したことでお客様も入室出来るようになりました。
これで遺品整理や貴重品の捜索が出来ますと、安心したご様子でした。

  • 作業: 特殊清掃
  • 人数: 1人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 86,663円(税込)