RBリスクベネフィット近畿支部

24時間・年中無休対応
0120-18-1889

施工事例

トップページ>施工事例>業者が来る前にゴミ屋敷を何とか…!

業者が来る前にゴミ屋敷を何とか…!

玄関扉を開けるとこの状態。ごみが踏み固められたのが分かります。
玄関とお部屋をつなぐ廊下。奥の様子をうかがうことが困難です。
居室も全面腰高ほどの物量。かなりの量があります。
居室も全面腰高ほどの物量。かなりの量があります。
ごみ屋敷の基本は分別作業。地域ルールに則って作業を進めます。
ごみは空気を含むと膨らむため、スタッフが隠れるほどの高さに。
作業後の玄関。もうごみが崩れる心配はありません。
作業後は廊下もすっきり。見通しがよくなりました。
再利用されるものを残してお部屋もすっきり。

今回ご紹介するのは京都府宇治市の賃貸アパートでのごみ屋敷清掃作業。
扉や窓の開閉に気を使い、周囲に悟られないようにと生活していたそうですが、
室内設備の点検が決まったことで業者さんの入室が避けられなくなり急いで片づける必要ができてしまったとのこと。

弊社はアパートやマンションの1室から一軒家丸ごとのごみ屋敷まで対応してきた実績がありますので、物量やお部屋の間取りに関係なくごみ屋敷の対応を行っております。
今回のように緊急の場合もスタッフ増員で対応させて頂きますので他社に断られた案件でも安心してご連絡ください。

現場は6畳ほどのワンルームと間取りは小さいものの、全面腰高ほどまでゴミが積み上げられ、その物量はかなりの物。
最近は完全にごみの上で生活をされていたようで、踏み固められたごみは玄関の扉を開けても崩れることがありません。
それではカチカチになってしまったごみを崩しながら分別と袋詰めを行ってまいります。

このような状態になってしまうと、可燃ごみ、不燃ごみそして資源ごみと言ったものが全て圧縮されていますので、分別・袋詰めを行う家庭で、それが空気を含んで元の状態に戻り一見すると量が増えたように感じられます。
当初スタッフの腰高ほどであった今回の現場も、分別・袋詰めが進んでいくとゴミを詰めた袋は頭の高さにまでなってまいました。

ごみ屋敷を一人で何とかしようとしても、なかなか進まない理由はこういったところにも存在します。
今回はお客様よりお急ぎの対応のご依頼がありましたので、弊社スタッフも述べ8人の大所帯で対応させて頂き、二日目にはお部屋を空っぽにしてお客様にお渡し致しました。

  • 作業: ゴミ分別、搬出
  • 人数: 8人
  • 日数: 2日
  • 参考費用: 428,963円(税込)